〒235-0045
神奈川県横浜市磯子区洋光台3丁目13−5−106

電話マーク

お電話

メニュー

固定療法 イメージ
見出しアイコン

固定療法

固定療法の内容と施術効果について

テーピング

スポーツや日常生活においてケガをした際や、身体の痛みを抱えている方は固定療法を行うことで痛みを和らげ、動きを楽にする効果が期待できます。

固定療法は痛みのある部位を固定し動きを制限しますが、動きを固定するだけでなく患部を保護し、動きをスムーズにする効果も見込めます。

ここでは、固定療法の施術内容や固定療法を行うことで改善が期待される症状についてご紹介していきます。

目次

このようなことに
悩まされていませんか?

  • 捻挫を早期に改善し競技に復帰したい
  • 慢性的な腰痛の症状を和らげたい
  • 日常生活で
    身体の動きをスムーズにしたい
  • 肉離れの症状を早期に改善したい

固定療法の
種類や施術内容について

固定療法にはいくつかの種類があり、それぞれ目的や効果が異なるとされています。
症状に応じて固定の仕方を変えるため幅広い症状に対応できるとされますが、具体的にはどのように固定の種類を変えていくのでしょうか。

ここでは、固定療法の種類や施術の内容についてご紹介していきます。

固定療法の概要について

足のテーピング

固定療法は次のような場合に行われます。

・ケガをした損傷部位
・日常的に痛みを抱えている部位
・ケガの予後で動かすことが不安な部位
・可動域が狭く動かしづらい部位

これらのような部位に対して、包帯テーピングを使用して固定療法を行うことが多いとされます。

固定療法で使用される固定材料には包帯テーピングがあり、それぞれ伸縮性・非伸縮性に分かれ、使用用途が異なります。

固定材料の種類について

包帯

固定療法で使用される固定材料にはいくつかの種類があり、症状や目的によって使用する固定材料も異なるとされています。

 

●包帯

包帯は伸縮性の「弾性包帯」や非伸縮性の「綿包帯」などを使用する傾向があります。
包帯はケガの施術で使用されることが多いですが、それぞれ固定力が異なるため目的に合わせて使い分けられます。

伸縮性の包帯を使うことが多いケースは次の通りです。

・外傷の炎症消失後の固定
・患部に不安感が残る場合の固定

弾性包帯は固定した部位に多少の可動域をもたせることができるため、急性外傷の回復期に使用されることが多いとされます。

また、サポーター代わりに患部を安定させる目的で使用することもあります。
肉離れでは、筋肉の伸縮に制限をかけつつ圧迫ができるため、損傷した筋肉が動かされすぎないようサポートし、ケガの再発を防ぐ効果があるとされます。

一方、非伸縮性の包帯を使うことが多いケースは次の通りです。

・捻挫など急性外傷の初期固定
・骨折などのギプスが外れるまでの患部の固定

非伸縮性の綿包帯は、患部に巻くことで患部の動きを制限し、保護する役割があります。

とくに外傷の受傷直後は炎症症状が生じていることが多いため、できるだけ患部の安静を保つために綿包帯が巻かれる傾向にあります。

 

キネシオロジーテープ

●テーピング

テーピングも包帯と同様に伸縮性と非伸縮性のものがあり、それぞれ「キネシオロジーテープ」「ホワイトテープ」などが広く使用されるテーピングです。

テーピングはケガの施術や日常的な痛みの緩和などに使用され、貼りやすく剥がしやすいことから家庭でも使用可能なことが特徴です。

伸縮性のテーピングを使うことが多いケースは次の通りです。

・捻挫の回復期の可動域制限
・肉離れの回復期のサポート
・腰痛のサポート
・腱鞘炎や足底筋膜炎といった手や足の症状のサポート

キネシオロジーテープは伸縮性が強く、筋肉関節など、どこの部位にも貼ることが可能とされ、日常生活のサポートからスポーツの場でのケガの処置など幅広く利用されています。

筋肉の走行に沿って貼ることで、筋肉の伸縮運動をサポートし、筋肉にかかる負荷の軽減が期待できます。
また、関節部では関節が動かされすぎないよう制限をかけ、動きのサポートを行います。

一方、非伸縮性のテーピングを使うケースは次の通りです。

・捻挫や肉離れなど外傷の初期処置
・筋肉や関節損傷の初期の運動制限

ホワイトテープは非伸縮性であるため、関節や筋肉の動きを制限する際に効果的です。

ケガの初期処置では安静保護圧迫の役割を担い、炎症の早期消失に効果があると考えられています。
症状やケガの回復度合いに応じて、キネシオロジーテープホワイトテープを組み合わせて使用することもあります。

固定療法の効果と改善が
期待される症状について

固定療法を行うことでケガの痛みを和らげるほか、日常生活や競技においてもいくつかのメリットがあります。
では、固定療法を行うことで身体やケガをした部位にはどのような変化が起こるのでしょうか。

ここでは、固定療法を行うことで得られる効果や、改善が見込まれる症状についてご紹介していきます。

固定療法を
行うことによる施術効果について

固定療法を行うことで次のような効果が期待できます。

 

足に包帯を巻く人

●患部の安静保持

固定療法を行うことで患部の安静を図ることが可能とされます。

とくに、外傷の初期処置では安静の保持が重要であるため、綿包帯ホワイトテープを使用することで患部の安静を保ち、炎症を早期に消失させケガの早期改善が期待できます。

 

●患部の可動域制限

包帯テーピングといった固定材料を使い分けることで、症状の回復度合いに合わせた最適な可動域制限をかけることが可能とされます。
外傷の場合、安静にしすぎることはケガの回復を遅くしてしまうため、ある程度患部の動きを出す必要があると考えられています。

その際、伸縮性と非伸縮性の固定材料を使い分けることで「動かす部位」「動かさない部位」をコントロールし、患部に対して最適な負荷を与え、ケガの改善を早めることが期待できます。

 

●安心感を得られる

ケガをした患部は、損傷した筋肉靭帯など軟部組織の修復具合によっては、動かした際の痛みや不安定感が残ることがあります。
しかし、そのような部位に固定療法を行うことで患部を安定させ、動かされすぎないよう保護することから安心感を得ることが期待できます。

競技に復帰する際、徐々に運動負荷を上げていくと患部に不安感を覚えることは多く、ケガの再発が心配だと訴える方は多いため、そのような場合にテーピングなどで患部を保護することで安心感を得られます。

固定療法により
改善が期待される症状について

腰にテーピングをする女性

固定療法を行うことで次のような症状の改善を早めるとされています。

 

●ぎっくり腰の改善

ぎっくり腰は発症してしまうとしばらく痛みから動けず、日常生活を行うことが困難となることがあります。

しかし、ぎっくり腰を発症した際、腰の動きに制限をかける、腰やお尻の筋肉の動きをテーピング(この場合はキネシオロジー)でサポートするといったことで腰にかかる負荷を軽減し、症状を早期に改善する効果が期待できます。

腰の前屈後屈といった痛みが出やすい動きでも、テーピングを貼ることで動きがスムーズになり動作痛を減らすことが可能とされます。

 

●捻挫の改善

足首や手首などの捻挫に対しては、伸縮・非伸縮性の包帯テーピングを使い分けることで早期の改善が目指せます。
受傷直後は患部の動きを制限し、徐々に症状が改善してきたら、かける負荷の量を調節しながら関節部を動かせるようにサポートを行います。

捻挫は靭帯を損傷することが多いため、関節の動きに応じてテーピングで動きをサポートすることで負荷を軽減し、早期の改善・競技への復帰が期待できます。

 

腕にテーピングをする人

●肉離れの改善

太ももやふくらはぎの肉離れに対して、受傷直後は包帯によって筋肉の伸縮運動を制限し、炎症が消失してからは伸縮性の包帯やテーピングで、損傷した筋肉の動きを制限しつつ伸縮のサポートを行います。

常に圧迫をかけることで筋肉が伸ばされすぎないようサポートできるため、これにより早期の改善が可能とされます。

 

●慢性的な症状の改善

固定療法を行うことで慢性的な症状の改善にも効果があるとされています。
腰痛肩こり四十肩・五十肩などの症状に対しても、動かしづらい動きに対してテーピングでサポートすることで、関節可動域を改善する効果があるとされるのです。

そのため、負荷を減らしつつ患部を動かすことが可能であり、日常生活での支障を軽減するメリットがあります。

ファースト整骨院の【固定療法】

足の施術""

当院では、患部の安静を施すのに、おもに「キネシオテープ」を使用します。

「キネシオテープ」は、従来の固定法に比べ、安静期(発生より24~72時間)からの回復が早いとされます。また、回復期になると、伸びすぎる筋肉や収縮しすぎる筋肉を調整します。

当院で行う固定療法は、関節の動きにも適度な制限適度な動きを与え、関節の拘縮など二次的症状にも対応できると考えています。

著者 Writer

著者画像
川越 龍介 (カワゴエ リョウスケ)
【所有資格】 柔道整復師
【生年月日】 昭和44年3月18日
【血液型】 B型
【出身】 神奈川県
【趣味】 ジョギング
【得意な施術】 マッサージ

▼ご来院される患者さまへ一言
安心してご来院下さい。

Treatment guidance

保険施術アイコン

保険施術

固定療法アイコン

固定療法

骨盤矯正アイコン

骨盤矯正

産後骨盤矯正アイコン

産後骨盤矯正

猫背矯正アイコン

猫背矯正

楽トレアイコン

楽トレ

ハイボルトアイコン

ハイボルト

瘦身(ダイエット)アイコン

瘦身(ダイエット)

交通事故施術アイコン

交通事故施術

ABOUT US

ファースト整骨院

住所

〒235-0045
神奈川県横浜市磯子区洋光台3丁目13−5−106

最寄駅

JR洋光台駅 徒歩1分

駐車場

近隣コインパーキング多数あり

9:00〜
12:00
14:30〜
19:30
お電話でのお問い合わせ(予約優先)

045-831-8009

BACK TO TOP

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー